« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

まもなく真壁のひなまつりです

今日は今年で10年目になる真壁の雛祭りに真壁石材組合員として
真壁の町の中に飾る燈籠を他の組合員の燈籠屋さんと一緒に庭園と作ってきました。

毎年恒例ですが、地場産業として少しでも町の一大イベントを盛り上げようと参加しております。

真壁もだいぶ復興が進んでおります。なくなってしまった建物もありますが、新しい動きもあります。
真壁の老舗旅館「橋本旅館」の一部が「橋本カフェ」として現在改装中です。

以前に足を運んだ事のある方もない方もぜひ真壁にお越しください。

今年はウチの会社にもひな祭りMAPありますよ。

Img_5098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV撮影

昨年末、1本の電話をもらいました。
それはTV番組制作会社からで、来月からの真壁のひな祭り期間中に合わせて、
真壁を紹介する番組を作るので、真壁の1石材業社として取材させてほしいと依頼がありました。

とりあえず取材を受け、一通り真壁の石材業のこと、ウチの会社のことを話したところ、
今年に入り撮影させてほしいと依頼を受けました。

どういう風に真壁の石材業を知ってもらうか、
燈籠作りってこういうものだとどう伝えようか、
果たしてそれが自分たちに出来るか、
とても不安でしたが、人気番組ですし、
彼らになんとかうまく表現してもらえるだろうと期待してみます。

またメディアの力で低迷気味な石材業界に少しでも光が当てられば、本望です。

番組名は今後のお楽しみってことで・・・

Img_5069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪化粧

今年は寒い上に雪が降りましたね。
茨城もずいぶん積もりました。
今日も雪の予報が出ていましたが、朝 白くなっていませんでした。

寒中の雪は解けないと言われるとおり、日陰や雪かきして集めて凍ったところはつい先日はで残っていました。

大雪の次の日の展示場の様子です。
解けかかった雪が凍って氷の川になって、スケート場のようでしたよ。

Img_5064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピザ釜構想中

ご存知の方もいると思いますが、大谷石は火に強い石材です。
防火の意味で塀に使われてきたのかもしれません。

そんな火に強い大谷石で焼却炉に使ったりしている人もいます。
そのほかにピザ釜に使ったりもします。

今までウチにピザ釜なんて需要はなかったのですが、試しに作ってみないと言われ、
作ってみることにしました。
すでに商品化している業者の方もいるみたいです。

地震で大谷石の塀が倒れ、敷地の隅に追いやっている方もいると思います。
そんな大谷石の別の使い道を考えてみてもいいですよね。

画像はまだ台石となる大谷石を敷いたところです。

Dscf3484

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013 スタート

新年あけましておめでとうございます。

昨年は沢山の人とお知り合いになれました。今年はそのご縁を活かし、ますます石材業界と地元のためにがんばって行きたいと思います。

今年、最初の仕事は燈籠の修理でした。
地震で倒れた層塔の宝珠の骨接ぎ作業をしております。

接着剤でくっつけるだけでなく、骨代わりに鉄筋を入れて、補強します。
ハンドドリルで掘るので、骨を入れるところをあらかじめグラインダで平らに削って、
掘りやすくしておきます。

Img_4972

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »